いかチョコを食べてみた

NHK-BSデジタル放送のイメージキャラクター・きらりの声を担当したり、教育テレビのフランス語講座に出演したりしていた声優の池澤春菜公式サイトを閉鎖した。閉鎖のきっかけはこちらに書いてあるが、彼女が日記からブログに移行して間もない頃に書いたある表現に対してついたコメントだったようで。当初はブログを凍結したのみだったのが、結局、公式サイト全体の閉鎖となってしまった。

ブログは日記と違って、不特定多数の大勢の人の目に触れる可能性が高くなるので、日記と同じ感覚で書くわけにはいかない。そこら辺を自覚しておくことがあることを今回の件で自分自身も改めて感じた。ブログに切り替えてからと言うものの、以前ほど露骨にプライベートな事は書かなくなった。もっとも、池澤嬢の場合は、過去、日記の頃にも物議を醸し出すような事を書いて、後日、問題のあった日付だけリンクを外した事もあった。リンクを外された日記は今でもサイト上に残っているが。

なぜ、こんな書き出しをしたかと言うと、池澤春菜がブログ凍結直前に、いかチョコについて取り上げていたからだ。いかチョコは近所の大型ショッピングモールにできたVillage Vangardというお店で偶然目にして以来、気になって、いつか食べてみたいと思っていたところに、池澤春菜がブログでネタにしたという次第。いかチョコが置いてあったVillage Vangardというお店、図書券が使える本屋のようだが、本だけではなく、いかチョコアザラシカレートドカレー宇宙食、世界一うまいポテトチップなど、変な食べ物も売っている。手書きのポップも変わっていて、入口には「本屋か?」とあり、いかチョコに対しては、「まずいです。罰ゲームにどうぞ」と書いてあった。池澤嬢のブログ凍結直後は凍結理由がわからず、まさか、いかチョコが原因ではないかと思ったものだ。

いかチョコは基本的にはさきいかをチョコレートでコーティングしたものである。普通のチョコとホワイトチョコの2種類があるのだが、とりあえず、ホワイトチョコの方を購入してみた。外見はさきいかを細かくしたような感じである。ホワイトチョコなので、見た目はさきいかと大差はない。そして、いよいよ口にしてみた。食感はさきいかそのものであるが、ホワイトチョコの味がする。しかし、何回か噛んでいるうちに、さきいかの味に変化する。前述のようにポップには「まずい」とあったので、どんなにまずいのかと期待したのだが、思ったよりまずくはない。うまい、まずいの2択ならば、うまいの部類に入るかなあ。しかし、試しに一口親に食べさせたら、二度と食べたくないとの返事が返ってきた。やっぱり一般人にはそう感じるか。

次は、普通のチョコに挑戦したいと思う。