2005年夏、コミックマーケット68

さて、この時期恒例のコミケである。開催一週間前、カタログを買って初めて例年でいうところの1日目と2日目の内容が逆になっていることを知る。1日目は金曜日で仕事のため行けなくなる事もほぼ確定。

  • 8月12日(金)

例によって行けないので、一日目に参加したドラちゃんのおへやのおおはたさんと今回コミケ初参加のため大阪から上京したへっぽこ大学生の日常のgmさんと連れの方と夕方から秋葉原で待ち合わせた。3人の他に、毎回、いつもコミケ会場で会って飲んでいる藤子ファンのH氏も同行していた。偶然会ったらしい。もしかしたらご一緒されてるかもしれないと思ったらビンゴだった。初めて秋葉原にやってきたgmさんのため、秋葉原名物?のコスプレ居酒屋へと案内したが、満席のため、これまた秋葉原名物のメイド喫茶へご案内した。メイド喫茶に長時間居座るわけにはいかないので、御徒町方面のカラオケ店へと移動。アニソン&特ソンオンリーのカラオケ大会へと突入した。ハピマテを歌うときにはKフェスのネギま!ステージで覚えた振り付けを付けてみたよ。カラオケ終了後は近くの喫茶店で閉店まで雑談。閉店時刻になったので外に出てみたら雷を伴う酷い土砂降りだった。翌日も集まる話も出たが、それぞれの予定があるということで、この場で別れた。

  • 8月13日(土)

午後からまったりとビッグサイトへ。先に到着していたアベトンボと企業ブースで合流した。カタログチェックを行った結果、本日は東には足を運ばない事を決めた。企業ブースでチラシを何枚かもらった後、1階の一般ブースでNeoUtopia会誌40号を受け取る。大手藤子不二雄ファンサークルNeoUtopiaは今回は落選してしまったのだが、運良く販売を委託してくれるサークルが現れたので、そちらで受け取った。そのサークルでは他に藤子不二雄A ALL WORKS 50thも扱ってくれるとのことであったが、既に売り切れていた。さて、NeoUtopiaさんからは、会誌40号発行前に、ここのブログに以前掲載した藤子不二雄Aランド発刊に至るまでの年表の掲載願いを頂いていたので、快諾しておいた。そして、自分の書いたつたない表がNU40号に掲載されることになった。40号を見ると、自分のハンドル名が巻末のスタッフリストにも掲載されていることに驚き。どうもありがとうございます。

再び企業ブースへと戻り、スターチャイルドブースで配布予定のCDを手に入れるために並ぼうとしたら、先着ではなく、ジャンケンで勝った人に配布するとの告知が。というわけでジャンケン大会に参加して運良く入手できた。

ところで、本日は女性キャラのコスプレをする男をやけにたくさん見たような気がする。翠星石コスプレも怖かったのだが、一番吐き気がしたのは、一般的な体系の2倍くらい幅のある男がしていたデ・ジ・キャラットコスプレだった。

閉会時刻より少し前に会場を出て、アベトンボと共に秋葉原へ移動、適当に時間を潰したら再び土砂降りの雨が。ここのところ多いなあ。



いつも終了時刻前後に国際展示場駅前のロータリーに現れる車

  • 8月14日(日)

早朝から出撃したのはビッグサイトではなく、渋谷。その理由についてはこちらを。予定が狂って2時間ずれる形となったが、14時半過ぎにようやく会場入りして東へ。幸いにも目的のブツはまだ売っていたのであっさりと入手。あとは西の企業ブースへと向かい適当に時間を潰して、今年のコミケは終了した。



企業ブースで手に入れたCD類


それにしても、先日の電車男におけるコミケのシーンは人が少なすぎた。実際には冗談抜きでドラマに出てきたシーンの10倍以上の人がいるぞ。